まさむらのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2016/09/19 19:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 判定がひっくり返る

 今日は隣町の球場に。

 母校が秋の大会2回戦。

 相手は隣町の高校。

 わが県唯一の夏の選手権大会の優勝校(準優勝も)との対戦。

 オールドファンにとっては有名校です。

 ちなみに、最近はこの学校には負けた事がありません。

 でも、今日は2回表に1点先行される。

 3回には2点追加される始末。

 それでもその裏、デッドボール3つに犠牲フライそして暴投で2点を返した。

 その後、雨で試合が1時間くらい中止。

 再開するも7回にまた大雨。

 グラウンドは最初の中止とは比較にならないほどの水浸し。

 
画像


 個人的には7回で中止、母校のコールド負けを覚悟・・・

 でも、審判団は試合を継続。

 で、8回裏2アウト1塁。

 2ボールノーストライクで盗塁。

 セーフの判定だったんですが、主審がバターの守備妨害でチェンジを宣告。

 ここで、また選手をベンチに帰した。

 そのうえで、主審が判定について「バターの守備妨害でアウト。チェンジ。」と場内放送。

 妨害はなかったように思うんですが、判定だからと納得。

 その後、試合が再開されないんで・・・ 

 当然、また天気で中断と・・・

 違ってました。

 主審が再度場内放送で「協議の結果、守備妨害はなかったと確認。2アウト1塁で再開します」と。 

 守備妨害がなかったんなら、2塁で再開だろう。

 というか、責任を持って判定していないのか?

 判定をひっくり返すの。

 その後2点を取って逆転。

 この逆転のときに、ライト前ヒットでホーム上でクロスプレー。

 回りこんだんでセーフと思いきや、判定しない・・・

 走者が慌ててホームベースへのタッチを・・・

 キャッチャーも走者にタッチを・・・

 ここはセーフの判定。

 その前に相手校のスクイズも同じように判定せず、母校のキャッチャーが走者にタッチしアウトに。

 投球の判定も、ストライクと思ってもボール。

 逆も数多く。

 ちょっと、審判としての資質が不足。

 まあ、母校が勝ったからいわないが・・・

 負けてたら、提訴してもおかしくない。

 能力が低い審判を主審にしちゃ不味いでしょ。

 試合の責任審判は何してたの・・・

 不思議です。

 そもそも、秋雨前線を台風16号が刺激。

 雨がわかってたのに、試合をする。

 11時45分くらいに始まって、終了が午後4時・・・

 中断が、2時間くらい・・・

 水泳大会じゃなく、野球大会・・・

 審判及び高野連は反省してもらいたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようです。(*⌒ー⌒*)ゞ

審判の方も、ボランティアなんで仕方ないですよ。まさむらさんが、定年退職後に買って出ては如何ですか? 高野連に寄与されている審判員の、人員不足もひとり解消されますよ。めでたしめでたし。
いつも(^_-)-☆ありがとうです。
炎のクリエイター
2016/09/20 10:42
 炎のクリエイターさん、こんにちは。

 確かにそうですね。
 でも、ちょっとひどすぎると思いませんか。
 今回は2回戦だから問題ないんですが、中国大会出場とか甲子園出場がかかった試合なら大事です。
 で、私ですが迷惑をかけるのが目に見えているので、審判の資格は取りません。
 ちなみに、母校は3回戦で7回コールド負け。
 県では毎年実力工として頑張ってたんですが・・・
 実は監督が選手に対する暴行・・・
 3ヶ月(11月18日まで?)の謹慎処分になったらしいです。
 母校は監督は勿論、上級生が下級生をいじめる事がない学校だったんですが・・・
 会ってはならないことですが、どこまでが暴行でどこまでが指導か・・・
 難しい問題です。ww
まさむら
2016/09/22 12:25

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

− タイトルなし − まさむらのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる